2018年 05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
2018年 06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

松右衛門帆PVCコーティングバッグは、歴史やデザイン性だけでなく
季節気候に関係なく1年を通してお使いいただけるように工夫しております。

松右衛門帆に使用されているPVCコーティングについてご紹介させていただきます。

PVCとは?
PVC(Poly Vinyl Cloride)ポリ塩化ビニル樹脂のことです。
柔軟性に富み、加工しやすく、経年劣化しにくい素材です。

PVCの歴史は古く、1835年にドイツの科学者が発明したといわれています。
日本国内では1941年、日本窒素肥料(現在のチッソ株式会社)によって「ポリニット」の商品名で販売開始され、その後戦後の高度経済成長と工業化の進展によってPVC(ポリ塩化ビニル、塩ビ)の生産量は増え続け、時計のバンド、バッグ類などあらゆる分野の工業製品の材料として普及していきます。

PVCの特性を活かした代表的な製品の一つがバッグです。
PVCを材料として使用しているバッグは多岐にわたり、その代表的なものがスーパーブランド(世界的に人気のある超一流のファッションブランド)のバッグが挙げられます。
PVCの長所は、対候性・耐薬品性・耐酸性・耐水性・難燃性に優れています。
簡単に言えば、水・汚れ・傷に強くバッグの素材として適しているということです。
天気予報をチェックしていても、突然の雨に見舞われたり、風にあおられた雨がカバンに吹き付けられることありますよね。バッグが濡れるのはもちろん大事な中身が濡れてしまうのは勘弁してもらいたいですね。
そんな突然の雨もしっかり防いでくれます。

良いところばかりご紹介していますが、もちろん短所もあります。
低温や高温に弱いということです。
マイナス20℃以下になると、もろく崩れやすくなり、60℃〜85℃で硬化してしまいます。
とても寒い地域にお住いの方はお気を付けになったほうが良いかもしれませんね。
 

熱に弱い為、コーティング面へのアイロンがけは絶対にお避けください。

過度な摩擦はお避け下さい。コーティングの剥離や光沢の消失の原因になります。
また、先の鋭いものでひっかけると、生地表面にキズが付くことがありますので、ご注意ください。
洗濯、ドライクリーニングを行わず、汚れた場合は濡れたタオル等で拭き取ってください。
長持ちさせる為、高温・多湿状態を避け、光の当たらない場所に保管してください。また、時々日陰で風通しをしてください。