2017年 05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
2017年 06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  


功績

1743年(寛保3年)
播州高砂(現在の兵庫県高砂市高砂町東宮町)の漁師の長男として生まれる。

1758年(宝暦8年)
この頃兵庫に出て佐比絵町にある「御影屋」という船主のもとで船乗りになる。その後、兵庫の廻船問屋北風荘右衛門に知己を得て、
その斡旋で佐比絵町に店を構え、船持ち船頭として独立。

1785年(天明5年)
木綿を使った厚手で大幅な新型帆布の織り上げに成功。「松右衛門帆」として全国に普及。
のちに帆の開発で得た収益で「御影屋」を買収、当主 御影屋松右衛門として廻船業を営んだ。

1790年(寛政2年)
江戸幕府より択捉島に船着場を建設することを命じられ着手する。

1791年(寛政3年)
この年の夏、択捉島の埠頭が竣工。

1802年(享和2年)
幕府から功績を賞され「工楽」の姓を与えられる。

1804年(文化元年)
箱館にドックを築造。その後、択捉開発や蝦夷地交易に使った函館の地所を高田屋嘉兵衛に譲る。

1811年(文化8年)
備後の鞆ノ津(広島県福山市)において大波止、明神波止の修増築を行う。これが最後の仕事となる。

1812年(文化9年)
死去。墓所は現在の神戸市兵庫区にある。




 
leftright
 
                                            映像で見る「工楽松右衛門物語」歴史ロマン紀行全28分                                         「風を編む 海を繋ぐ〜工楽松右衛門物語〜」PDF44.2MB
                                                 クリックすると新しいウィンドウが開きます。                                                      クリックすると新しいウィンドウが開きます。