2018年 06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2018年 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

松右衛門帆の『テキスタイル-デザイン

松右衛門帆🄬はその極厚の生地の特性から織った後で染めることが難しく、後から柄をつけるといったことが出来ません。
そこで松右衛門帆🄬は播州地域にて江戸時代から続く先染織技法「播州織」の技法を取り入れました。

松右衛門帆🄬で作り出される製品には表地はもちろん、裏地にも播州織の技術が生きています。
御影屋で作り出す製品は播州織の技法によって浮き出るその独特な織り目の陰影が深い味わいを与えます。
日本独自の和柄をイメージしたものや御影屋松右衛門と深くかかわりのある地をイメージした柄など、松右衛門帆🄬の生地に負けず、生地の良さを生かす色合いを日々考案しています。