【船の帆】帆布‐松右衛門帆/公式通販

How to care

松右衛門帆を末長くお使いいただくため日ごろのお手入れ方法をご紹介いたします。
お手入れといっても難しいことではありません。
誰にでもすぐにできる事なので定期的にお手入れしてください。

ご使用前にできること

ご使用前のひと手間で、より長くご愛用いただけます。ご使用になる前に、布・革、両方に使える防水スプレーをかけておけば水や汚れに強くなります。
※必ず、ご使用する防水スプレーの使用方法をご確認ください。
※必要以上に防水スプレーを塗布すると変色する恐れがありますのでご注意ください。

お手入れ方法

  • 基本的なお手入れ方法
    基本的なお手入れ方法
    帆布バッグは(PVC製品は除く)長くお使いいただくと、天然素材のため摩擦などによる色落ち色あせなど経年変化をしていきます。
    水に濡れた場合は乾いた布で拭き取って、陰干ししてください。
    汚れが気になる箇所は水で薄めた中性洗剤を布に含ませたたくように拭き取ってから固めに絞った布で丁寧に水拭きしましょう。
    少しの汚れなら消しゴムで落ちる場合もあります。
    擦り過ぎには注意してください。色によってはホコリも気になります。松右衛門帆は生地の凹凸が大きいのでホコリがたまりやすくなります。
    その場合は、毛足の柔らかいブラシでブラッシングしてください。
  • 頑固な汚れを落とす方法
    頑固な汚れを落とす方法
    頑固な汚れがある場合は、ブラシで部分的に擦ります。痛み色あせの原因になるので擦り過ぎないように気をつけましょう。
    洗濯機を使うと汚れは落ちやすいですが色あせ縫製のほつれ、型崩れの原因となります。
    部分的に革などの異素材や濃い色が使われているバッグは丸洗いすると色移りや革を傷める事になりますので自己責任でお願いします。
    どうしても丸洗いしたい場合はクリーニングに出すことをおススメします。
  • 持ち手の汚れを落とす方法(帆布の場合)
    持ち手の汚れを落とす方法(帆布の場合)
    特に汚れやすい帆布の持ち手部分は、水で濡らした持ち手に中性洗剤を塗りつけ歯ブラシなどで汚れを落とします。
    あとは水ですすぎ洗剤を完全に洗い流したあとタオルで水分を拭き取り乾かしてください。
  • PVCコーティングのお手入れ方法
    PVCコーティングのお手入れ方法

    松右衛門帆の製品には表面にPVCコーティングを施した商品があります。
    抗菌性に優れ汚れにくいのが特徴です。
    天然皮革と違い、PVC素材のバッグは水に強いため水で薄めた中性洗剤を布に含ませ全体を拭いていただき固めに絞った布で丁寧に水拭きしてください。
    乾いたら保革クリームを塗ると品質を保つことができます。
    定期的に行うことをお勧めします。

    > PVCコーティングについて

  • ヌメ革のお手入れ方法
    ヌメ革のお手入れ方法
    1. ,手入れはぜ全体をブラッシングしして表面にふちゃくしているホコリなどを奇麗にします。
    2. ▲リーナーなどで手垢など黒ずみ汚れなどを除去します。
      あまり厚塗りなどをしますとシミ等の要因になりますのでクロスなどに馴染ませてから均等に拭くようにします。
    3. J欷醉僖リームなどでオイルを均等に塗り込んでいきます。
    4. た仔しなかったクリームを取り除きながら油膜を均一にするよう布などで磨きます。
    5. シ舛鮴阿─乾燥するまで陰干しします。

    メンテナンス用品につきまして
    ヌメ革のメンテナンス用品は「ブラシ」「保護用クリーム」「レザー用クリーム」などです。
    これらは(株)コロンブスで購入可能です。
    https://onlineshop.columbus.co.jp/shop/

ヌメ革に関する御注意

ヌメ革はデリケートな素材の為、お手入れなどは大変と思いますが経年変化を楽しめる素材です。
ただし、手入れが必要な素材ですので次のようなことにご注意ください。

日焼けムラ日光などの紫外線でだんだんと茶褐色に焼けてきます。一部に過度に光が当たりますと焼けムラが生じます。まんべんなく均等にやけるようにすることで見た目に美しい変化となります。

シミ表面の油分を意識して定期的なメンテナンスを施さなければ防水、防汚効果が薄れ、わずかな数医的でもシミの原因となります。シミになると消すことはかなり困難です。

キズ普段使いの小さな傷は経年変化による変色で目立たなくなってきますが、爪などによる引っ掻きキズは痕が残ります。ただし、キズもヌメ革による味ともいえます。

カビ使用頻度が低く、湿気の多い場所での保管はカビの発生原因となります。時々は陰干し等の対処が必要です。また、過度にオイル入れを行いますと発生しやすくなります。

松右衛門帆製品に関する御注意

  • 天然繊維になりますので、極度の水漏れ・汗・摩擦によって色落ちする場合がございます。出来るだけ洗わずにお使いください。
  • 本製品は防水加工はしておりません。
  • 濡れた場合は、乾いた布で水分を拭き取り通気性の良い所で陰干ししてください。
  • 汚れの気になる箇所は、水で薄めた中性洗剤(蛍光剤・漂白剤不使用)を布に含ませて叩くよう拭き取ってから、少し硬めに絞った布で丁寧に水拭きしてください。
  • 織り目に埃がたまりやすいので、毛先の柔らかいブラシでブラッシングしてください。
  • 長時間使用しない場合は乾燥した場所に保管してください。
  • 生地面にハンドクリーム・日焼け止めクリーム等が付着した場合、色褪せを起こす可能性がございます。付着した際は、かたく絞った布で丁寧に水拭きしてください。

PUおよびPVC加工製品に関する御注意

  • 熱に弱い為、コーティング面へのアイロンがけは絶対にお避けください。
  • 過度な摩擦はお避け下さい。コーティングの剥離や光沢の消失の原因になります。
    また、先の鋭いものでひっかけると、生地表面にキズが付くことがありますので、ご注意ください。
  • 洗濯、ドライクリーニングを行わず、汚れた場合は濡れたタオル等で拭き取ってください。
  • 長持ちさせる為、高温・多湿状態を避け、光の当たらない場所に保管してください。また、時々日陰で風通しをしてください。

Go Top